GREENMAX 発泡スチロールリサイクル

新しいフォームコンパクターの開発方向

2020年01月11日

現在、フォームコンパクターの生産ラインは第6世代に発展しています。 今日、新しいフォームコンパクターの生産ラインが開発されました。 多くのお客様は、フォームコンパクターの交換の違いを理解していません。 実際、異なる世代のフォームコンパクターには根本的な違いがありますが、一般的には高品質に向かっていますhttps://www.greenmax.jp/products-compression-mars/

現在、フォームコンパクター業界には世界中で幅広い開発の見通しがあります。したがって、フォームコンパクター業界はますます急速に成長しており、交換はますます頻繁になっています。 変更。 廃プラスチック産業の発展に適応します。 新しいフォームコンパクターの需要は増加しており、より環境に優しいものとなっています。 廃プラスチックフォームによって引き起こされる汚染を解決するだけでなく、プラスチックの需要と供給の矛盾を緩和できるフォーム粒子を生成します。 重要な貢献をしてください。

新しいフォームコンパクターの生産ラインがアップグレードされ、生産コストへの投資が削減され、継続的に高品質、環境保護、効率的な生産効率へと発展しています。 パフォーマンスの向上により、廃プラスチックのリサイクル業界はますます良くなっています。  


Posted by 花澤堀川 at 17:49Comments(0)

ポリスチレンGreenMax発泡コンパクターを製造することにより、グリーンな業界標準を作成

2020年01月11日

GreenMax Recyclesは、さまざまなタイプの廃棄物リサイクルにハイテク機器を提供するマーケットリーダーとして、さまざまなEPSフォームコンパクターをリサイクル業界に提供しています。このデバイスは、発泡スチロールまたは発泡スチロールコンパクターという名前で人気があり、発泡スチロール圧縮機構を使用して発泡体をより小さな破片に圧縮することができます。
www.greenmax.jp
競合他社の設計とは異なり、GreenMax RecyclesはEPSコールドコンパクターに対してまったく異なるコンセプトを提供します。そのオーガーは、材料を油圧チャンバーにのみ輸送し、非常に高い圧力下で材料を容易に圧縮できるようにします。水槽、湿った、低密度、高密度、または混合物など、どのEPS素材を使用しても、そのコンパクターは何でも圧縮できます。

コールドコンパクターだけでなく、廃棄物圧縮用のホットメルトフォームデンシファイアも製造しています。最先端の技術を備えたコンパクターには、スクリュードライブや油圧式コンパクションシステムなど、多くの価値ある機能が備わっています。この機能により、他の競合他社とは一線を画し、効率的な廃棄物管理を実現するためのよりスマートなオプションになります。

GreenMax RecyclesのEPSフォームコンパクターには、材料を溶かすことなく簡単にフォームを圧縮できる高度な油圧およびオーガーが組み込まれています。さらに、個人の能力に応じて、特定の構成が異なる、センターに合わせたコンパクターの代替品を入手できます。同社はまた、個別の個別化されたサイロシステムを提供して、コンパクターへの材料の供給を容易にします。  


Posted by 花澤堀川 at 17:32Comments(0)

GREENMAX発泡スチロール処理のプロジェクトはオーストラリアで人気がある

2019年12月12日

発泡スチロール(EPS)または発泡スチロール-家具や電子製品の包装によく使用される白色の「泡状」発泡材料。実際には最大98%の空気で、わずか2%のプラスチックです。その結果、効率的かつ経済的に輸送およびリサイクルすることは常に問題です。

オーストラリアでは、政策支援のため、評議会のポリスチレンリサイクルプログラムが一般的です。伝統的な発泡スチロール処理の方法は埋め立てですが、ポリスチレン材料は自然に分解するのが難しく、環境に大きな害をもたらすため、近年、地方自治体によってポリスチレンのリサイクルがサポートされています。


ポリスチレンは軽量であるため、輸送コストはポリスチレンのリサイクルの主要な要素です。最も一般的には、ポリスチレンスクラップはばらばらの形で袋詰めされるか、輸送前に梱包されます。近年、プロのフォームリサイクル機によるポリスチレン圧縮がますます一般的になっています。圧縮されたポリスチレンブロックは元の体積の50〜90倍小さく、輸送が容易で、多くの保管スペースを節約できます。


GREENMAXは、発泡スチロール圧縮原理を備えたプロフェッショナルな発泡スチロール減容機を提供しています。 PCLの設定は簡単で、オペレータは開閉ボタンを操作するだけで済み、半自動設計により労力が節約され、操作全体を1人で完了できます。

圧縮比が50:1の場合、圧縮されたフォームブロックは石のように密集することができ、保管と配送のコストを大幅に節約できます。

評議会のポリスチレンリサイクルは、環境保護に対する住民の意識を高めるだけでなく、企業のイメージを構築し、より多くの企業がポリスチレンリサイクルに参加できるようにするのにも役立ちます。

  


Posted by 花澤堀川 at 11:42Comments(0)

GREENMAX発泡スチロール圧縮機と減容機を製造販売激安

2019年12月02日

GREENMAXは発泡スチロールリサイクルのエキスパートとして、発泡スチロール圧縮機と減容機を製造、販売します。1993年に設立されたGREENMAXは INTCO Recyclingによって登録されたの発泡スチロール処理機の商標です。GREENMAXは2シリーズで機型が10以上を取り揃える発泡スチロール環境リサイクル機器として、 発泡スチロールが粉砕、圧縮、減容方法できて、お客様の幅広いニーズに対応いたします。それで、倉庫の空間節約、発泡スチロールの運送収集や処分コスト削減にも役に立ち、環境負荷軽減に貢献します。国内外の政府や産業廃棄物処理業界ですごく人気を持っています。今まで、1000台以上の納入実績があります。

GREENMAX発泡スチロール溶融機

現在では、全世界70以上の国と地域の魚市場、スタイロフォームを切断する会社、デパート、家具店、物流会社、廃棄物処理業者などにGREENMAXのインゴット減容機を納入、また、INTCOは有価で出来上がった再生発泡スチロールインゴット買取します。魚箱や家電などの緩衝材で使われる発泡スチロールを溶解・固化をして、リサイクルに適した形状に加工します。今回のタイプは、溶かした発泡スチロールが一定の長さの板状になると自動でカットをするタイプです。一般的に、発泡スチロールはポリスチレン(PS)が使われていますが、今回のは、その他のポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)などの発泡スチロールなどにも、比較的幅広く対応できるタイプとなりますhttps://www.greenmax.jp/about/


GREENMAXはPS(ポリスチレン)、PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)の 3種類の発泡スチロールを溶融出来ます。つまら、発泡スチロール処理の以外には、食品トレー減容機やミラマット減容機としても活躍しています。日本やドイツの有名なメーカーの部品を使って、欧米の技術で、中国で加工して、日本にはアフターサービス会社を提携して、格安でコストパフォーマンス優れています。お客様のリサイクルシステムが効率的に機能することを最優先に考え、発泡スチロール中間処理と販売ルートを含めたトータル解決についてご提案をさせていただきます。  


Posted by 花澤堀川 at 16:05Comments(0)